創業41年デザインカーテン会社 2代目社長
JPBA沖縄エリア支部長
安次嶺 実奈子(あしみねみなこ)です。

今日は、経営相談の内容を皆さんに
シェアしたいと思います。

——-
これからの人生を考えた時に
いつまでも、今の会社に務めることが
難しいのではないかと考えています。

そこで、今すぐ起業をする
という訳ではないとしても

いずれその時が来た時に、
今から準備をしたいと考えています。

今出来ることは、何がありますか?

また、起業すると自分自身の
オリジナル商品を開発・販売することに
なると思いますが、自分自身が
何がやりたいのか、何ができるのか
良く分かりません。

——相談はここまで

今回の相談では、
①起業準備は、何から始めたらいい?
②自分のスキルで、オリジナル商品が作れるのか?
という内容でした。

1つずつ、解説します。

—–
①起業準備は、何から始めたらいい?
—–
私が経営コーチとして活動している
「起業・経営の教習所」JPBAでは

起業準備は、始める順番と一貫性が大事ですよ
とお伝えしています。

その前に、今回の相談者の方にも
お聞きしたのですが、

「いつ会社を退職する予定ですか?」
「いつまでに、いくら稼いでいればいいのですか?」

—–
いつまでに、どうしたい
—-

それが決まっていないと、人は行動に移せません。
ですので、確認してみたところ、

「具体的には、何も決まっていません。」

ということでした。

では、

「今すぐやめない理由はなんですか?」

と聞くと

「毎月安定したお給料がもらえるので、
すぐには、やめる勇気が持てません。」

という答えが、返って来ました。


会社員と起業の大きな違いは

「毎月安定した、お給料の保障がない。」

ということです。

会社員を辞めて、起業したいと考える時に
安定がなくなるのが、不安になります。

そのことに関して、私自身も悪いと思いません。

ただ、自分の中でどうしたいかを
決めることが出来ていないのが
問題だと思います。

いくら、起業の正しい準備の方法を
知ったとしてもご自身が決めていないと
時間とお金の無駄になってしまいます。

やり方はお伝え出来ても
実際に決断して行動するのは
ご自身です。

まず始めにすることは
やり方より先に、ご自身が

「いつまでにどうなりたいのか」

を決めることからが、スタートになります。

そこが決まって始めて
正しい起業準備の方法を
お話出来ます。

とお伝えしたところ、

半年後に、
・自分で起業するのか
・会社員を続けるのか
・会社員を続けながら、副業から始めるのか
を決められる自分になりたい!

ということになりました。
最後まで、読んで頂き
ありがとうございました。

 

次回イベントのご案内

【女性限定20名】沖縄特別開催
2022年6月21日(火)13:00~

沖縄の女性起業家を全力応援!
3か月で起業力が身に付く!
初めての「起業」実践セミナー

イベント詳細はこちら