創業41年デザインカーテン会社 2代目社長
JPBA沖縄エリア支部長
安次嶺 実奈子(あしみねみなこ)です。

今回は、90日で起業の基本がすべて詰まった
Amazonで販売中の書籍
「90日パーフェクト」起業ワークブックの中から
起業・ビジネスの
よくある失敗や乗り越え方、実際の売上の上げ方を
本の P42~57を抜粋してお届けしますね。
———————————————–

3ヵ月で誰でも「自分のビジネス」がつくれる
「90日パーフェクト」起業ワークブック
(著:安次嶺実奈子)
https://support-jp.com/l/u/xl46E4AbxbeRCyFQ
———————————————–
――――――――――
【相談者】
與那嶺幸博さん、愛梨さんご夫妻
【相談内容】
前職の経験を生かして独立起業したのに
うまくいかない。
――――――――――
広告に80万使ったのに、売上がゼロ。
もう、お店を閉めたほうがいいのでしょうか?
――――――――――

今回の相談者は、
沖縄県で身体障害者・ ペーパードライバー向けに
ドライビング・ スクール事業を展開されている
『アクアドライビングスクール』代表の與那嶺 幸博さん。
広報担当の奥様、愛梨さんとお二人で事業をされています。

代表の與那嶺さんは、
自動車教習所の教官として十年以上の経験があり、
その経験を活かして独立。
免許を失効した方やペーパードライバーの方を対象に
運転講習を行う仕事をスタート。
ところが起業して1 年間はほとんど売上がない状態でした。

「売上を上げるためには、集客をすることが最優先だ! 」と考えた與那嶺さんは、
「バス・モノレール」に広告を出したらいいのではないかということで、
早速モノレールの中吊り広告を出すことにしました。

結果は「広告費80万円」、「売上は0円」でした。

その後は広告を出さず、 自力でチラシを作って置いてもらったり、
S N S やホームページも作って宣伝活動をしたのですが、
最高売上は「月に6 万円」でした。

広告や宣伝活動をすれば、 沢山お客さんが来るだろうと期待していたのに
すべて空振りに終わったことで、 自分たちの事業は
お客さんから必要とされていないのではないか?
と思い、事業を閉めようかと思っていたそうです。

いったい、なにが「起業の失敗」の原因になってしまったのでしょうか?

與那嶺さんには、
・お仕事のキャリアが10年以上ある
・チラシをまいたり、広告を出したり一生懸命努力している
・奥様などサポートしてくれる人がいる
といった強みがありました。

ただ、その一方で
・会社員として会社にいたときは、 待っていたらお客さんが来たけど、
  独立したら自分でお客さんを呼ばないといけないから、その方法がわからなかった。
・どれくらい金額をかけて、 広告を出せば良いのか、
 また、どの広告に出したら効果があるかわからなかった。
・職業スキル(技術) はあっても、ビジネスの仕組み( 技術をお金に換える方法) が
 わからなかった。

という弱みもあり、

この弱みが與那嶺さんの悩みにつながっていました。

弱みを解決するためにJPBAでビジネスの仕組みを学んだ與那嶺さんご夫妻は、
広告費ゼロで、売上10倍を達成することができました。

「独立したけどお客さんがいない」。
「お客さんを増やす」ためにしないといけないことは・・・

その方法とは・・・長くなりましたので、
「お客さんを増やす方法とは?」
については次回、解説しますね。

最後まで、読んで頂き
ありがとうございました。

 

次回イベントのご案内

【女性限定20名】沖縄特別開催
2022年6月21日(火)13:00~

沖縄の女性起業家を全力応援!
3か月で起業力が身に付く!
初めての「起業」実践セミナー

イベント詳細はこちら